きままにポポロ 東京生活

さみしがり屋の日記です

コリドー街

友達とコリドー街行ってきました(^∇^)

帰り道に更新してるので少しテンションが高めです(^-^)

 

実家にいるときマツコさんの番組でみて、いつか行ってみたいな〜〜と思ってた場所。

 

もちろん彼氏もだいすきだけど、

知らない人と飲むのも東京生活の醍醐味なのかなあ〜〜と足を運んでみました。

 

その友達Mちゃんに、もし自分が私の彼氏だったら

そんなことするなんて許さない〜〜と言われてしまいました。

まあそりゃそうかもしれません。

私も自分が男で彼女がそんなことしたらむきーー! って思うと思いますし。

 

ウェイウェイ系は苦手ですが、

男性と楽しくお酒飲むのはぜひ体験してみたいのですよね!

人生1回限りですし! 

 

そして7時! だれもいません笑 泣 

あれー こんなはずじゃ。。

やっぱり早すぎたかな?

 

仕方なく相席ラウンジに行きました。

(今月ピンチだったのでタダで飲み食いできるとは怪しいけど嬉しいことです!)

 

女性はいっぱいいるけど男性はいません。

八時すぎてから男性客がやってきました。

同世代の人だったので話しやすかったです(^O^)

 

二軒目も梯子しました。

獺祭飲みやすくて美味しかったです〜〜(^∇^)

世の中にはいろんな人がいて、いろんな考え方があって面白いな。

価値観広がる〜〜

 

また銀座、新橋方面で飲みたいなー(^-^)

 

 

リミット

毎日結婚のことを考えてしまう新卒1年目、ぽぽろです。

スマホで 結婚 寿退社 何年目  遠距離 婚約…何度検索したことか(汗)

恋人のめめちゃんと電話で話すと、

それとなく結婚について遠回しに聞いてしまいます(^^;)

 

たぶんあと来年いっぱいは働けば〜〜とのことなので、それで無事一緒になれそうです。

 

男の人ってどうしてこうも結婚に消極的というか、曖昧で反応が薄いんだろうと思います。

もちろん、私がガツガツしてたり焦っていることの方が大きいのは承知ですが。

 

仕事を辞めることに対して、思うことはもちろん沢山あります。

会社にとって損失であることも、同期に寂しい思いもさせてしまうことも、

そして仕事から逃げて楽したいんじゃないの、とも言われます。

 

決断するのに色々な重圧がありますが、

それでもなお私は彼となるたけ早く結婚したい。

それまでに結婚式の準備もだし、親と顔合わせしなきゃだし、

東京で暮らしているうちに何かやりたいことやっとかなきゃな。

水彩色鉛筆 ニチニチソウ

石川道子さんのいつも一緒! 水彩色えんぴつ。

図書館で借りて、延長してまだ堪能してなくてアマゾンで購入しました。

やっぱり良いものはずっと手元に置いていたい。

 

本の中にニチニチソウをお題としてあったので自分も書いてみました。

 

f:id:popoloblog:20170810030845j:image

 

左の葉がまだ薄いので重ねて塗ります。

 

f:id:popoloblog:20170810030936j:image

 

こうなりました。

花の方がパッとしてない気がします。

 

f:id:popoloblog:20170810031119j:image

 少し塗り直しましたが、あまり変わらず。

花のはかないら薄さと微妙な濃淡を描くのはむつかしいなあ。今後たまに絵を更新します。

 

真摯な姿勢が

あなたにほんとは、そんなに元気じゃなくて、心配かけたくなくてそんなこと言ってるんじゃないの、とか

私はどういう風に受け止めるのがいいのかなって聞いてみたよ。

 

具体的なアドバイスは求めてないし、

受け止めて話を聞いてくれればいいんだよって教えてくれた。

悩みがあっても、解決したり立ち向かったりするのは他でもない当人なんだからねって。

 

ああ、そうなんだ。確かになって思った。

今は話を聞くことしか出来ないけど、

隣にいたら、わたしは彼が喜ぶことをめいいっぱいやろうと思いました。

 

今日も昨日も、きっと明日もだいすきだろうなあ。

 

 

あなた

明るい言葉を選んで返してくれたけど、

ほんとは内心孤独なんじゃないかって。

私は彼のためになっているかな。

気休めでも、いいのかな。

本心がわからないよ

丑三つ時よりふかく

愛しい人に会ったのは一週間前。

一緒になるのににあたって、いつかはわかってしまう、言いたくないことを話した。

私の親は学会員であること。

普通に育ったつもりなのに、異端のように思われている悩み、トラウマについて話した。

あなたも驚いて、戸惑ってしまったけど一週間経て、理解してもらえる運びになったと思う。

打ち明けた日と翌日は、相手の心のうちについて、探り合ったりなんだりで

彼が帰ってしまう寂しさと彼の仕事の悩みと、もつれていた。

ひとりお酒を飲んで、Uくんに電話して。なだめてくれて、そんなことないって言ってくれて嬉しかった。

感情が波のように高ぶったり引いていってしまったり。

いまは穏やかな、美しい海にぽつんと浮かんでいるようです。

彼の住む田舎へ帰って、美味しいご飯を用意して

毎日あなたの隣にいられたらなといつものながらに思います。

 

昨日はケーキに合うお皿を買いました。

あなたが好きな原ロールをのせて食べましょうね。

 

なんくるない

気分は上々です。

最近ずっとね。

前の更新、すごくネガティヴでしたけど、

今週末恋人に会えると思うとやはり嬉しくなり、会って2週間経った今もご機嫌です。

やっぱり私は彼のこと大好きだなあと思います。

夜勤明けでリズムが狂い、本を読んで夜が更けていくと、ベッドの中でめめ、めめとあの人の名を呼んでしまいます。

片思いだった時期は、○○先生と何度繰り返し呼んだことか。

今日は久しぶりに兄と会います。

美味しいものを食べる予定です。

そろそろ準備をします。